スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

ちょっとだけ、なんだけど

今朝は雨が降っていたので
息子、自転車は断念
娘と3人 車で駅まで向かいました


駅前駐車場を借りている関係で
息子の定期とは違う駅へ


チャージしておいた方がいいね


駐車場に着いて
用意した少し大きめのビニール傘を
息子が 開・・・
開・・・ 
これがなかなか 開けない


ボタンを押すだけでしょう!
急いでいる分 朝はどうしても 口調がきつくなる



これまで使っていた傘とコーティングが違っていて
ナイロン部分がくっついているらしい


 

カバンを肩にかけて
傘をもつ
その立ち姿が
なんかこう さまにならず...


決定的にどこかが違うわけではない
なんかちょっと 体の使い方が下手なようで



カオハワルクナインダケドナ


 

不思議だなって いつも思う
走り方が ちょっと
ボールの投げ方が ちょっと
ジャンプとか 蹴りとか 
うんと違う わけではないけれど ぎこちない動きで
なにかが ちょっとだけ 違う



ほら、傘もそんなところを持つから...

不思議だなぁ
少しだけ違う ちょっとだけずれている
こういうのって からかわれるポイントなりがち




中学生の時

給食で牛乳の飲み方、ストローの使い方が
ちょっとヘンだと
からかわれていた男の子のことを思い出した

どう飲んでいいかわからなくなって 困っていた

うんと違えば 新たに覚えることができるかもしれない
わずかだけれど 確かに周りと違うことが
厄介に思えることが あるだろう


駅に着く
今度は傘が閉じられない
これまでのものより大きくなった傘を操るのに一苦労


練習しなかったもんね
まだまだ 新しいことには 予行練習が必要だね


 

私が面倒みるから 先行ってていいよ あの電車に乗っちゃいなよ!


 

娘よ ありがとう



駆け足で電車に乗り込み また考える


ちょっとずれちゃう 症候群
これが筋肉を使うのが苦手な
発達障害の特性のひとつ、なのかなぁ と。
 

MammyMami * about 息子 * 19:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

車の免許考

いいお天気が続いています。

先週までは楽しめた桜の花も
もう若葉が半分を占めるようになりました



そんな週末
美味しいパンが食べたいね
という話になり
歩いていくにはちょっと遠くにある 石釜焼きのパン屋さんに
息子と義母と車で向かいました

 

たくさん種類はあるのに
息子も私も
そこで買うパンはいつも同じ

あまりサッサと帰宅するには惜しい日和なので
ほんの少しドライブをすることに


 

義母が息子に


「車の免許とれた時 ばぁちゃんが生きてたら
 車買ってあげるからね。そしたら一度くらい乗せてね」


と言った


 

「うん。頑張るよ」



孫と祖母のほほえましい会話、で
終わらせてもいいと思いながらも
現実的な可能性をあれこれ考えてしまって



車がないと不便な土地とはいえ
教習所での
筆記も 実地も
合格するイメージもわかないし

まかり間違って免許が取れたら...?

いや、リスクが高すぎる



自動車の免許は考えていなかった
だからせめて、自転車に乗れるようにしよう
ここで生きていくには せめて自転車だと
照準を合わせ そして達成できたところで


 

「何でも挑戦!やってみること!」



と思っていたけれど
この「自動車の運転」ばかりは
背中を押していいものだろうか...


 

助手席のナビ役としては
なかなか精度よく
私仕様で助かることも増えてきた


 

これからも このまま
穏やかなドライブを楽しんでいたい
押すも 止めるも 悩ましい

 

MammyMami * about 息子 * 00:40 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

小さな大事件を通して

昨日 帰るコール(帰るメール、かな)すると
休暇だったダンナから

大事件があったよ
家に着いたら話すね


との返信


何があったんだろう?
途中合流した娘と
きっとたいしたことないよ、といいながら帰宅した



息子、学校からの帰路
自転車の後輪がパンク
そのまま乗り続けたせいでタイヤが外れちぎれ
ホイールに巻き付いて曲がった状態で
引きずって帰ってきたらしい


本人は しらーっと
自転車をいつもの場所に置き
ソファーでお昼寝

見付けた義母が悲鳴をあげて大騒ぎ
近所の自転車屋さんにきてもらった、というわけだった



ほほえましい「大事件」をつまみに晩ごはんとなり
光景を思い浮かべては笑った



義母は近所のちょっとした有名人で
こういう時、声をかけるのが上手
今回もすぐに駆けつけてくれる人がいて
本当に助かった



この土地に暮らして16年
周りが総親戚のような環境が息苦しく
地域の地名も
まして屋号で呼ぶ家のことも
覚えようとしなかった、不束者の私ですが


こうして困った時に
困りました 助けてください と
声をかけられる間柄のあることを
とても心強く感じる一件でした



自転車屋さんは息子に
また困った時に連絡できるよう
携帯番号の書かれた名刺を渡してくれていました


 

朝6:30
修理を終えた自転車が届けられた
今日の通学に間に合うように、と。



ありがとうございます
これからもどうぞよろしくお願いいたします



息子は、この土地で生きていく


 

MammyMami * about 息子 * 14:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

さぁて これから。

入学式のあと、
就学時から通っている発達外来へ行ってきました


せっかくだから! と訪問を思い付いたのは2週間前
ダメもとで電話したら
運よく予約がとれまして。 ふふ。 よかった!


 

うわぁ!大きくなったね!
入学おめでとう!


 

担当の臨床心理士さんに声をかけられ、ちょっとクールな表情
使い慣れたいつもの部屋のドアを開けます



ワニさんの遊具にまたがって
先生とおしゃべり
制服とのギャップに多少の違和感を感じながら 


入学式のこと
これからの学校生活はこうしたいとか
じいちゃん かまうの おもしろいとか
(認知症のすすんだ義父が大好きだといいます)

 

裏表がないので
きっと思ったそのままを伝えているはずで

とすると いつも息子はポジティブで うらやましい



選択科目はパソコンを選ぶんだ
部活はやらないよ


学校まで遠いけど大丈夫?と聞かれると
余裕の表情


満員電車に乗れるかな
尻込みして乗れずに困ることはないかな


気持ちは結構タフだから きっと大丈夫なんだろうけど


 

「俺、なんで病院に来てるの?なんでここに通ってるの?」

 

そういえば どうして? と
いつ聞かれるか いつ聞かれるか

聞かれたら なんて答えようか ずっと考えているのに
未だ 聞かれず。
どう思っているのかな。


 

受付にカードを出して 会計を済ませる



「お大事にどうぞ」



受付の方の変わらない声かけに
突っかかることもなくなった、私

あぁ私も 確かに タフになった
と振り返る

以前は 「何をお大事にするの?頭?」 と
心の中でうそぶいてみたりしたっけな。

 

会計票の受診科欄には 「精神科」 の文字
私がその言葉を受容するも、しないも
ここにそう区分けがされている

 

ここは小児センター
利用は18歳まで


さぁて これからどうしようか。
さぁて これから。

 

 

MammyMami * about 息子 * 09:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

プレゼントがやってくる?

息子、16歳になりました。


誕生日プレゼントは何がいい?
と聞くと、
DVDボックスが欲しいという


彼は最近、キン肉マンにはまっていて
(80年代に流行していたはず...)
DVDを連続してレンタル。 パパと一緒に楽しんではいるけれど。



イヤな予感...



「ママ!俺の欲しいの、Amazonだと40%オフで買えるよ!」


¥105,000 が ¥63,000 になるという。


当然、却下。
本人、どうして買ってくれないのか本気で分かっていない。



お小遣いの管理もするようになり
親に「買って」とねだらなくてもよくなった
少しは金銭感覚がついてきたな、と思ったけれど
まだまだ、みたい



高校を卒業したら、就職したいという
就職をしたら欲しいものが買えるから、と。


 

ママはカードをもってるから高いものが買える
Suicaがあればどこへもいける
お金がないの? じゃ銀行に行けばいいじゃん!


 

違うんだよ、ということを
もうそろそろきちんとわからなくちゃいけないね



世の中は誘惑がいっぱい
トラブルにならないためにも
いまのうち  いまのうち

 

生活の中でまさに行う実践SST
ひとつ世界が広がる今年こそ
トレーニングを始める ちょうどいいタイミングなのかもしれない


 

大人の階段は コケたら 結構痛いよ

 

MammyMami * about 息子 * 18:29 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ